冬の暖房対決!エアコンVSストーブはどちらがコスパ良好?

この記事は3分で読めます

Pocket

冬は毎日が寒くて辛いですよね。
暖房を使って部屋を暖めて快適に過ごしたい!

でも、気になるのが電気代。

暖房は電気代がかかりますよね……。

私も電気代の請求金額をみて
唖然としたことがあります。

暖房の代表といえば
エアコンかストーブになるのではないでしょうか。

コストを考えるとストーブがお得?
機能性で選ぶとエアコンがおすすめ?

いったい、どちらがお得なのか…。

エアコンとストーブの性能、コスト、メリット
などをそれぞれ比較したいと思います。

エアコンと石油ストーブの能力比較

改めてエアコンとストーブの
特徴について見ていきましょう。

スポンサードリンク

エアコン

エアコンの魅力は
部屋全体を暖めることができること。

自動運転モードにすると
設定温度に達した時
勝手に省エネモードに変わります。

そのため電気代を無駄遣いせずに済みます。

最近は人を察知する感知センサーを
搭載しているエアコンがあり
効率的に暖まることができます。

石油ストーブ

石油ストーブは灯油を使って
室内を温める暖房器具のこと。

似たものに石油ファンヒーターがあります。

石油ファンヒーターはファンを利用しますが
石油ストーブはファンを使わずに
自然な空気を利用して部屋内の空気を暖めます。

それぞれの特徴は大きく異なります。

エアコンは電気で稼働
石油ストーブは灯油で稼働します。

灯油代だけで済む石油ストーブの方が
安く抑えられそうですよね。

でも、エアコンも省エネ運転があるので
電気代を抑えることはできます。

エアコンと石油ストーブのコスト面は
どのように異なるのか、次で見ていきましょう。

両コストの違いは?

1番知りたいのはコストですよね!

エアコンと石油ストーブのコスト面について
それぞれ比較してみましょう。

エアコン

エアコンは起動時に
消費エネルギーを最も使います。

自動運転の場合、使い始めは強モードですが
室内が暖まると微弱モードに自動で切り替えてくれます。

効率的に電気代を抑えてくれるので
エアコンを稼働するときは自動運転がおすすめ。

エアコンの電気代は部屋の広さによって異なります。

6畳→1ヶ月約2800円
10畳→1ヶ月約4500円
16畳→1ヶ月約9700円

1時間の場合だと約2.5~50円。

石油ストーブ

石油ストーブの本体価格は
数千円~数万円ほど。

灯油の価格は変動があるため
大まかな金額を紹介します。

18ℓで店頭販売→約1400円
18ℓで配達価格→約1600円

灯油は1時間で約0.26ℓの灯油を消費します。

1時間だと約20円。

1日8時間、毎日使用した場合
1ヶ月約4800円となります。

コストを比較してみると
エアコンもストーブも料金に
大きな違いはないかなと思います。

使用目的でエアコン、ストーブを
使い分けてみるのが良いでしょう。

では、エアコンとストーブのメリットとデメリットはどうでしょうか。
それぞれの有利、不利を確認していきましょう。

スポンサードリンク

各メリット・デメリットなど

これまで、エアコンとストーブの
特徴やコスト面についてみてきました。

では、それぞれのメリットとデメリットは
どのようなものなのでしょうか。

エアコン

・メリット

エアコンは操作が簡単。

リモコン一つで温度、風量、風向きなどを
調整することができます。

使いたいときにサッと使えるのはエアコンの魅力。

エアコンは暖房だけでなく
冷房としても活躍できるのもエアコンならでは。

エアコン1台で夏も冬も快適に過ごせるので
コストが抑えられるかもしれません。

・デメリット

デメリットはエアコンの価格が高いこと。

エアコンはピンからキリまでの
値段で販売されています。

値段重視の場合は
一番安いエアコンで良いかもしれません。

しかし、安いということは
性能が良くないことも。

省エネモードが搭載されていなければ
電気代がかかる恐れもあります。

故障したときは業者を呼ばないと
いけないのもデメリット。

エアコンって急に壊れることありませんか?

我が家は、昨日までは普通に動いていたのに
今日は動かない…ってことが度々ありました。

自分たちで直せたら良いのですが
変にいじってしまうと取り返しのつかないことに…なんてことも。

石油ストーブ

・メリット

石油ストーブ、最大のメリットは
電気代がかからないこと。

電気を使わないため
停電時や災害時にも使うことができます。

また、室内の乾燥対策にもおすすめ。

石油ストーブは燃焼することで
燃焼の水素成分が酸素と引っ付いて
水分を発生させてくれます。

そのため、石油ストーブを稼働していても
室内の乾燥を防いでくれるのです。

・デメリット

最大のデメリットは
定期的な換気が必要となってくること。

石油ストーブは二酸化炭素が発生するため
どうしても部屋の空気を入れ替える作業がでてきてしまいます。

灯油の匂いがきついのもデメリット。

長く使うと匂いもある程度
慣れてくるかもしれません。

しかし!使い始めは「うっ…」
と鼻にきちゃうかも。

石油ストーブは電気を使わないのが
魅力の一つでもありますが、欠点でもあります。

石油ストーブは灯油をエネルギーとします。

そのため、灯油を切らさないようにして
おかなければいけません。

ストックが常に家にあれば安心ですが
うっかり切らしていることもありますよね。

灯油がない時は買いに
外に出ないといけないので、少し面倒。

まとめ

さて、いかがでしたか?

エアコンもストーブも
それぞれの魅力があります。

あなたが使う目的に合わせて
エアコンとストーブを使ってみてはいかがでしょうか?

わからないときは家電量販店に質問してみるのも良いですよ♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【関連ページと広告】
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YUKIのプロフィール

aki
情報電波塔を書いていますYUKIです。 このブログは一味違います。一部の記事を激辛の本音で書いています。その詳細もこちらで語っていますのでご覧下さい。 プロフィール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フェイスブック始めました

絶対に押しちゃダメだよ?

カテゴリー

芸能人の歯が白いのは・・・

デジモン世代は必見!

スターウォーズをまとめ見する?

黒すぎると話題の女子アナ

大人気の鬼ちゃん

これぞギャップでしょw

実家が凄まじかった・・・

-14.2kg痩せた秘密は?

またしても球場から神が

看護師×シンガー

テレビに出なくなった理由は?

このギャル知ってる?

衝撃の真実!w

これからきそうな清楚系

は、はちきれそうや

元〇〇〇って知ってた?

JKとは見た目だけ実は・・・